Uncategorized

【知らないと損する】宅建の合格率は?難易度は?「宅建一発合格者が解説」

本記事の内容

困っている人

「宅建の合格率どれぐらいなのかな。自分にも受かるのかな」
「難易度のイメージが分からない」

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・宅建の合格率はどれくらいなのか
・宅建の合格率が低い理由
・宅建の難易度ってどれくらいなの
・他の資格などと比べてみた

本記事の信頼性

大学在学中に宅建に出会い、5ヶ月間の勉強の末、一発合格。
宅建を武器に就職活動し、現在に至ります。資格についてブログ執筆中。

この記事では宅建の合格率と難易度について解説します。

実際に、わたしは本記事でご紹介する考えを念頭において、宅建一発合格することができました。

この記事の読むことで、宅建の合格率や難易度をイメージすることができます。

ジョージ

資格の難易度を理解することは合格のカギ。
「自分にもできるのかな?」と思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

宅建の合格率はどれくらいなのか

宅建の合格率をさっそく確認しましょう。

  • 試験の前提をおさらい
  • 宅建の合格率

それでは、解説していきます。

試験の前提をおさらい

試験の前提を確認しておきます。すでに知っている方は、読みとばしてください。

  1. 毎年10月実施(1年1回のみ)
  2. 試験時間2時間
  3. 受験資格なし
  4. 出題数50問
  5. 4肢択一式(マークシート式)

宅建の合格率

さっそく、過去の合格率を確認しましょう。

宅建の合格率

  • 合格率は15%〜18%
  • 毎年20万人受験し、合格者は3万人
年度受験者数合格者数合格率
令和3年度(10月)209,74937,57917.9%
令和2年度(12月)35,2614,61013.1%
令和2年度(10月)168,98929,72817.6%
令和元年度220,79737,48117.0%
平成30年度213,99333,36015.6%
平成29年度209,35432,64415.6%
平成28年度198,46330,58915.4%
平成27年度194,92630,02815.4%

宅建の合格率は、約15〜18%。合格率は安定しています。

衝撃をうける人

100人いて、15人しか受からないの?
無理ゲーじゃん。。。

宅建の合格率が低い理由

宅建の合格率は、なぜ低いのでしょうか。

合格率が低い理由

  1. 相対評価
  2. 試験範囲の広さ
  3. 受験資格がない

合格率15%とむずかしい試験に感じますが、正しい勉強すれば十分合格可能です。

それぞれ解説します。

相対評価

理由1つ目は、相対評価です。

資格試験には「絶対評価と相対評価」の2つの合格基準があります。

絶対評価

受験者のレベルに関わらず、一定点数以上で合格可能
(例)70点以上で合格

問題の難易度によって合格率が大きく変動してしまう

相対評価(宅建はこちら)

問題の難易度が難しくても合格率が安定している
(例)全体の上位20%が合格

受験者の上位○○以上に入らないと不合格に、、、
(点数よりも上位に入れるかが重要)

宅建の合格率は約15%の相対評価なので、上位15%に入らないと合格できません。

極端な話をすれば、受験者の15%が弁護士だったら、一般受験生は全員落ちます。
(まず、ありえませんが笑)

いくら点数がよくても、受験者の上位に入る必要があるため、難しいといわれています。

試験範囲の広さ

2つ目は、試験の広さです。

宅建には大きく4分野から出題されます。

  1. 民法
  2. 宅建業法
  3. 税、その他
  4. 法令上の制限

結論、範囲広さ挫折する人が多くいます。なんとなく勉強しても試験範囲を網羅できません。

計画的に勉強する必要があります。

ジョージ

独学もできなくないですが、範囲の広さに挫折しやすいです。

受験資格がない

老若男女だれでも受験可能です。

「実務経験◯年以上」など受験資格があるものと比べて、受験ハードルが低いため、受験者数が増加します。

受験者増加の原因

  1. 記念受験
  2. なんとなく受験
  3. 会社で強制的に受験
  4. 願書だけ出して会場に来ない人
  5. 試験日までに勉強間に合わなかった人

上記のような人が多くいるのが、宅建試験の特徴です。

宅建の難易度ってどれくらいなの

勉強したら合格できるのはわかったけど
難しさのイメージが分からないなぁ

ジョージ

宅建の難易度について「他の資格」「大学レベル」を元に、
イメージしましょう!

宅建士の難易度

宅建の勉強時間

  1. 100時間程度(不動産勤務などの経験者)
  2. 250時間程度(民法など知識がある人)
  3. 300時間程度(完全初学者)
  4. 350時間程度(独学者)

ざっくり、これくらいです。

宅建の難易度は、国家資格としては比較的簡単な部類ですが、決して簡単ではありません。合格率は約15%だけあり、ある程度勉強は必要です。

完全初心者でも、300時間程度勉強しておけば、合格ラインです。350時間も勉強できれば、十分合格できると思います。

繰り返しになりますが「がむしゃら」はしないで下さい。正しい戦略を。

ジョージ

参考までに難易度を比較します。

他の資格と比較してみた

宅建に近いレベルの資格と比較してみました。
あくまでも、難易度をイメージするための偏差値です。

資格名勉強時間(h)偏差値一言メモ
宅建300h56法律資格の登竜門
管理業務主任者250h53マンションの資格
マンション管理士500h63マンション資格の最高峰
日商簿記2級300h57コスパ最強資格
TOEIC 600点300h56
ビジネス実務法務検定2級100h49会社に関する資格
FP2級
(ファイナンシャルプランナー)
100h48宅建よりはかなり易しい資格
FP3級
(ファイナンシャルプランナー)
60h42お金に関する鉄板資格

偏差値で資格の優劣を決めるものではありません。難易度の目安までに。

大学で例えると

大学偏差値を元に、宅建を当てはめた場合のイメージです。
偏差値の性質がまったく異なりますが、参考までに。

  • 日東駒専
  • 新潟大学
  • 近畿大学

こんな感じです。

MARCHほど難しくないですが、ある程度は勉強しないと合格はきびしい資格となります。

まとめ

今回は、宅建の合格率・難易度についてご紹介してきました。

記事内でもお伝えしましたが、正しく勉強すれば誰でも合格可能です。

反対に、なにも考えずがむしゃらに勉強すると、試験の範囲の広さにやれれ落ちます。

安心してください。当ブログで、初学者に向けて情報発信していきます。

今回は以上です。

ABOUT ME
ジョージ
   24歳・新卒会社員   「当時の自分に向けて」     ブログ作成中 Youtube:「ジョージの日常」